2008/01/29

Yahoo!デベロッパーネットワークの「日本語形態素解析Webサービス」を使ってみる。

昨日の作業をしている間に、@kiyosickさんに教えてもらったYahoo!デベロッパーネットワーク - テキスト解析 - 日本語形態素解析を使って遊んでみました。

Yahoo!デベロッパーネットワークの「日本語形態素解析Webサービス」を使ってみる。 - smokeymonkey@ついったー部

いつもの如くツッコミ募集。WebAPIというのは本当に汎用性が高くて面白い。そしてソースを書くたびに自分のPerlのスキルの無さにヘコみます。もっと勉強しないといけない。

レビュー:推理作家になりたくて〈第3巻〉迷

レビュー:推理作家になりたくて〈第3巻〉迷

V.A.:[推理作家になりたくて〈第3巻〉迷]

掲載されている作品は以下の通り。

岩井志麻子選:「魔羅節」(岩井志麻子)
岩井志麻子推:「セメント樽の中の手紙」(葉山嘉樹)
恩田陸選:「オデュッセイア」(恩田陸)
恩田陸推:「糸ノコとジグザグ Jigsaw And ZigZag」(島田荘司)
篠田節子選:「青らむ空のうつろのなかに」(篠田節子)
篠田節子推:「痩牛鬼」(西村寿行)
高村薫選:「みかん」(高村薫)
高村薫推:「ひかりごけ」(武田泰淳)
馳星周選:「古惑仔チンピラ」(馳星周)
馳星周推:「雨の露地で」(大薮春彦)
山田風太郎選:「まぼろしの恋妻」(山田風太郎)
山田風太郎推:「瓶詰の地獄」(夢野久作)
山田正紀選:「雪のなかのふたり」(山田正紀)
山田正紀推:「かむなぎうた」(日影丈吉)

この中で特に面白かったのは、恩田陸の「オデュッセイア」、島田荘司の「糸ノコとジグザグ Jigsaw And ZigZag」。山田風太郎、夢野久作はそもそも別格です。

2008/01/28

Text::MeCabの辞書をUTF-8化する

smokeymonkeyのフレンドタイムラインからマルコフしちゃう子:@dabesa - smokeymonkey@ついったー部 - はてなグループ::ついったー部

北海道開発オフで作ったスクリプトを、Twitterアカウント@dabesaとして公開しました。
しかし、形態素解析で使っているText::MeCabがEUCのため、UTF-8のTwitterタイムラインを一度Jcode.pmでEUCにエンコードして、Text::MeCabにかけて、またJcode.pmでUTF-8にエンコードしている状態。色々調べたり、Twitterに投げてるうちに、Text::MeCabをUTF-8で使う方法を発見しました。

debian(sarge) で mecab ipadic を utf-8に変換 - 覚書いろいろ

まず、[-*煙猴*-]: Text::MeCabで遊んでみるで環境構築したときに、mecab-ipadicをインストールしていませんでした。apt-lineにnon-freeを記述していなかったため、apt-cacheにも表示されず(汗)、apt-lineにnon-freeを追加後、aptitudeでmecab-ipadicをインストール。

# aptitude install mecab-ipadic

ipadicをUTF8化してreconfigure。

# cd /usr/share/mecab/dic/ipadic/
# vi dicrc
(以下行追加)
charset = utf8
# for i in * ; do mv $i $i.euc; nkf -w $i.euc > $i; done
# dpkg-reconfigure mecab-ipadic


結果のソースはこれ

今週のベストアーティスト(08/01/20-08/01/27)


| 1 | Smif-N-Wessun | 14 |
| 2 | Mary J. Blige | 12 |
| 3 | Lupe Fiasco | 11 |
| 3 | Wise Intelligent | 11 |
| 5 | Go Home Productions | 6 |
| 6 | Grayskul | 3 |
| 6 | 小林大吾 | 3 |
| 8 | Brothers Johnson | 2 |
| 8 | Inner Life | 2 |
| 8 | Johnny Gill | 2 |

シャッフルで聴いてたこともあってバラバラ。上位4つはアルバム通し聴きしてたものですね。Lupe Fiascoは2作続けて良作です。MJBは今回のアルバムで初めてすごく良いと思いました。

2008/01/27

第1回北海道開発オフレポート

関連:[-*煙猴*-]: 北海道の技術者交流会【北海道開発オフ】を開催します

以下開発オフレポート。
・前日呑み会だったsmokeymonkeyがフラフラになりながら9:30に会場到着。Ustream中継の準備をする。
・なぜか9:25にTwitterに「出社」と投稿するiyoupapaさん。ちょ、何してんの!
・9:45に集合場所へ。Webbingstudioさん、iyoupapaさん、hadzimmeさん、irasallyさん、osabouさん、が集合。
・大方の予想通り、眠たさに負けた顔をしているirasallyさん(a.k.a.オムライス)朝マックでコーヒーを2つ買う辺りがさすが。
・9:50にmakiesさんから「集合時間を勘違いした」というメールが到着、最初の笑いどころが発生。
・10:00にmakiesさん到着。
・各自黙々と開発に打ち込む。人工無能開発のhadzimmeさんから色々と情報をお聞きしていると、Ustreamチャットにshowyouさんが登場、ha_maの技術について色々と教えていただく。
・形態素解析とマルコフ連鎖で盛り上がる一部のツイッターズ(smokeymonkey、hadzimmeさん、osabouさん)
・11:00に32さん到着。
・いきなりネットワーク環境に異常発生。32さんがDNSが引けないことを発見。ルータを再起動して回復。アホなルータですいませんでした。
・開発オフなのに黙々とTwitterに投稿する全員。あまりの静けさにドン引きするUstreamチャットの参加者。
・午前中は開発環境の整備で終了。
・チロリン村でパスタランチ。黙々と自分の注文を写真撮影し写ツする面々。
・2テーブルに別れ、smokeymonkey、hadzimmeさん、irasallyさん、32さんでグループに。32さんが東京のビジネス状況などをお話してくださり、大いに盛り上がる。そんな中一人暗い顔で開発環境の心配をするirasallyさん。
・ランチ終了。コーヒーを買いに行ったirasallyさんに迷子フラグが立つ。
・32さんがご予定があるため退席。お菓子代をご寄付頂いたので、全額お菓子に投入。お釣り(\116)はユニセフに募金。32さん、本当にありがとうございました!
・13:30、午後の部開始。irasallyさんの迷子フラグ消滅。午前中はダメダメだった皆が、一気にやる気を投入。
・会社の後輩が不要PCを持ち込んでくれたので、Linuxインストール練習用にFedoraのISOイメージをダウンロード。結果的にPCが古すぎてFedoraがインストールできず、Debianで練習を行うこととなった。
・15:00、hadzimmeさん経由で、saronpasuさん謹製のUstreamチャット読み上げツールを入手。導入直後から会場が爆笑の渦に。「みくみくにしてやんよ」「リア充爆発しろ」など自重しないUstreamチャット参加者。下ネタは投入されない辺りにツイッターズの良心を見た。
・Ustreamチャット読み上げソフトでこみ上げてくる笑いを我慢できないwebbingstudioさん。
・16:00、お菓子タイム。やはり飴やチョコレートなどの甘いものが人気。ナイスなセレクト。
・17:00、開発オフ終了。18:00まで自習期間。残念ながら仕事の打合せが入ったsmokeymonkeyは退室。この間に誰か(osabouさん?)が小ネタを出したらしい。見れなかったのが残念すぎる。
・18:00、現地解散。余ったお菓子は各自配布。
・ちなみにその後smokeymonkeyは客と呑みに行き、スナックのおねーちゃんに無駄話をして、1:00に帰宅。

以下、把握している範囲での開発オフ成果まとめです。


感想、今後の課題:
・使えるWindowsPCがあったため貸し出ししたが、環境の構築が予想以上に手間どった。使い慣れた自PCを持ち込み頂くのがやはり一番良いのだと実感。
・Ustreamはホワイトボードばっかり映していたので、今度は顔出しOK区間を作り、その区間を中継する。
・Ustreamチャットで、色々な人が助言をくれたり、アイデアをくれたりした。リアルとネットの二つで技術者同士が結ばれていく、この感覚はすごく新鮮だった。特にshowyouさん、saronpasuさん、Ustreamチャットでのご参加ありがとうございました!
・Twitterは垂れ流し感が高くミーティングには使えない、と考えたwebbingstudioさんとmakiesさんがSkypeのオープンチャットを使うことにしたらしい。激しく同意。
・もっと気楽に質問したり喋れる環境の構築。みんな黙々と開発していたため、会場が静けさに包まれていた。もっと親睦を深めれば慣れるかも知れない。
・ペアプログラミング的に、2人ずつチームを組んで開発をするのも面白そう。
・相手が持っている技術を持っていないからといって、卑屈になる必要は無い。自分の武器を磨けば良い。そう実感した。
・技術者が技術者と話をすることが、こんなにも刺激的で楽しいことなんだ、と改めて実感。ビジネス抜きで純粋な技術者同士の関係というのは本当に面白い。


参加者の皆さん、お疲れ様でした。北海道の技術者の交流の場として、今後も継続的に開催したいと思いますので、北海道在住の技術者の皆さんよろしくお願いいたします。多数の参加をお待ちしております。そしてUstreamやTwitterでいろいろな助言を下さった皆さんに感謝を。ありがとう!

2008/01/24

デジタルカメラ「Canon PowerShot A720 IS」を買いました

Canon デジタルカメラ PowerShot (パワーショット) A720 IS PSA720IS

詳細が決まってないとはいえ、2月からの東京出張は確定した僕。何か記録に残したい!残さずにいられない!その勢いが有り余ったまま横滑りし、デジカメを買ってしまいました。妻に怒られました。
現在はCanon IXY DIGITAL Lという古い機種を使っており、デジタルズーム3倍、光学ズーム無しと、ズーム機能がほとんど使い物にならない状態でした。デジタルズームは画質を落とさないためには1.8倍が限度。子供のイベントでは顔の拡大ができず、非常に困っていました。
今回購入したCanon PowerShot A720 ISの魅力は光学ズームが6倍使えること。これなら運動会でも大活躍できそうです。

外箱。

本体以外の添付品。

前面。レンズ大きいですねぇ。

背面。2.5インチ液晶が綺麗過ぎて、怖くて使えません。明日早速保護フィルム買ってきます。


撮影した写真をUploadするために、Flickrのアカウントも取得しました。いっぱい写真を撮りたいと思います。

LastFmRank機能拡張:ついったー部Last.fm部全員の中で最近聴いたトラックを投稿する

LastFmRank機能拡張:ついったー部Last.fm部全員の中で最近聴いたトラックを投稿する - smokeymonkey@ついったー部 - はてなグループ::ついったー部

昨日の続き。1週間に1回しか動かないアカウントというのももったいないので、ついったー部のLast.fm部から各ユーザIDを抽出し、Last.fmのデータフィードの「最近聴いたトラック」フィードを収集し、一番最近再生されたトラックを、@LastFmRankに投稿するようにしました。毎時間0分、30分に実行するよう、Cronで回してます。ソースは上記リンク先参照。
本当はLast.fm IDではなくTwitter IDを表示したいのですが、ちょっと敷居が高そうなので検討中です。

レビュー:推理作家になりたくて〈第2巻〉影

V.A.:[推理作家になりたくて〈第2巻〉影]

先日読んだ推理作家になりたくて〈第1巻〉匠の続刊掲載されている作品は以下の通り。

逢坂剛選:「ドゥルティを殺した男」(逢坂剛)
逢坂剛推:「憎しみの罠」(平井和正)
大沢在昌選:「湯の町オプ」(大沢在昌)
大沢在昌推:「チャイナタウン・ブルース」(生島治郎)
北方謙三選:「鳩」(北方謙三)
北方謙三推:「鳥獣虫魚」(吉行淳之介)
黒川博行選:「カウント・プラン」(黒川博行)
黒川博行推「雪が降る」(藤原伊織)
真保裕一選:「遺影」(真保裕一)
真保裕一推:「かわうそ」(向田邦子)

この中で特に面白かったのは、逢坂剛の「ドゥルティを殺した男」、大沢在昌の「湯の町オプ」、黒川博行の「カウント・プラン」、藤原伊織の「雪が降る」です。次点が真保裕一の「遺影」。特に逢坂剛は巧いと感じました。

2008/01/23

ついったー部Last.fm部から集計した週間アーティストランキングを投稿するアカウント:LastFmRank

ついったー部Last.fm部から集計した週間アーティストランキングを投稿するアカウント:LastFmRank - smokeymonkey@ついったー部 - はてなグループ::ついったー部

北海道開発オフ用のテーマだったんですが、勢いで作ってしまいました。上記の通り、ついったー部Last.fm部の部員のアカウントを抽出し、Last.fmのデータフィードから週間再生アーティスト情報を抽出、集計し、再生数の多い10アーティストを@LastFmRankに投稿するアカウントです。Cronで毎週月曜日12:00に投稿するよう設定しています。ソースは上記リンク先参照。
せっかくLast.fmユーザが集まってるので、何か作りたいとずっと考えてましたので、自分的には嬉しいです。

本当は曲再生数でやろうと思ったんだけど、ちょっと悩んだので、簡単なアーティスト再生数で集計するようにしました。今後の修正も検討していますが、ぜひ皆さんのツッコミ、「もっと良い方法があるよ!」的なタレコミを頂きたいです。

それにしても、やっぱりプログラムは楽しいなぁ。

2008/01/22

アイコン画像を綺麗に拡大したい

今使っているアイコン(フットバッグマン)は、元々50x50くらいで作ったため、拡大すると荒さが目立ちます。

そこでTwitterで質問したところ、Yogurtiさんから、

Twitter / ヨグルティ: @smokeymonkey ベクターデータのイラレでトレースならできますYO! 拡大しても劣化しない、どんなサイズにでも。

と教えて頂きました。しかしIllustratorでトレースなんて高度なこと、僕に出来やしない。そこで検索したのがこちら。

画像からベクターデータを生成できるオンラインサービス「VectorMagic」 | DesignDevelop
VectorMagic | Precision Bitmap to Vector Conversion Online

使い方は簡単、画像をUploadして、[Next]ボタンを連打すると、あっという間にベクターデータ化してくれます。
これをIllustratorで5倍に拡大し、Photoshopで修正すると...

少し形が変ってしまいましたが、なかなか再現率高いのでは無いでしょうか?特にオフ用の看板を作るのには良さげです。

デザイン関係には全く疎い僕ですが、面白いサービスがいろいろあるものですね。

北海道の技術者交流会【北海道開発オフ】を開催します

2008年1月13日(日)、Twitter関連初のオフ会に参加してきました。参加者は7名。
たまたま開発者やSEが多かったため、話は大いに盛り上がり、

「折角知り合いになったんだし、皆で勉強会しましょうよ!」

と、企画が持ち上がりました。そして実現したのが以下の企画。

北海道開発オフ部 - はてなグループ::ついったー部

2008年1月25(土)に開催します。詳細はリンク先参照。
基本的にはついったー部的な緩さを保持した、気楽なものを目指しています。Web系技術者が多いのですが、OSやネットワーク、組み込み系など、広範囲の技術者が集まれば良いなと思っています。

北海道の技術者交流会は、東京と比べると数も少なく、また平日に多かったりして、横の繋がりが少ないなとずっと感じていました。また、構造的に各ベンダからのツリー構造配下になってる会社が多く、また地場の仕事の数が限られている以上少ないパイの取り合いになりがちで、会社間の交流がしにくい環境でもあると思います。
でも、技術追求したいだけの技術者にはそんなこと関係無くて、もっと色々な技術者に会って、たくさんの技術を吸収していきたいんですよね。だから、北海道に住む技術者、技術者を目指す学生、技術は無いけど勉強はしたい色々な人が、一同に介して、それぞれ協力したり、競い合ったり出来れば、すごく楽しいと思います。リアルでも言ってるし、ネット上でも言ってるけど、「敵は道内じゃなくて道外」にいるんですよ。外から内に仕事を持ってこないと、いつまで経っても北海道は不況不況と言われ続けるだけです。僕は北海道を愛しています。北海道の技術者が大いに刺激し合えば、きっともっと北海道を良くできると信じています。

こういった場が、北海道の技術者のレベルアップに繋がるものになっていけば、最高に楽しくなると思っています。ぜひ皆さんご参加頂ければと思います。折角同じ土地で、同じ方向に進んで行きたい同士、磨きあいましょう!

今週のベストアーティスト(08/01/13-08/01/20)


| 1 | Wu-Tang Clan | 19 |
| 2 | Jill Scott | 14 |
| 3 | Nygz | 13 |
| 4 | Lupe Fiasco | 10 |
| 5 | Mary J. Blige | 8 |
| 6 | Candy Dulfer | 3 |
| 6 | R. Kelly | 3 |
| 8 | Hi-Tek | 2 |
| 8 | Soul Ballet | 2 |
| 8 | Atomic Kitten | 2 |

聴いてる曲数が少ない分モロに通勤時間が反映されますね。また2日くらいデータがアップされなかった日もあったので偏ってますが、上位5位まではアルバムを通して聴いてきました。この発言もあったとおり、Wu-tang祭りがあったため1位。
Atomic Kittenは「The Tide Is High」は名曲だと思ってます。

2008/01/20

東京長期出張荷物リスト

先日の通り、東京長期出張が決まりましたので、引越荷物リストを考えています。一人暮らしをしたことが無く、またマンスリーマンションを使うのも初めてなので、その他「こんなのもあったほうがいいよ!」というものがあれば、ぜひ教えてください。
なお、このページについては随時更新します。

---
手荷物:
□スーツ(1着)
□Yシャツ、ネクタイ(1枚)
□下着(1日分)
□コート(春物)
□手袋
□携帯電話
□携帯電話充電器
□デジカメ
□エネループ(4本+充電器)
□iPod
□イヤフォン
□ノートPC+周辺機器
□仕事道具(手帳・筆記用具・その他)
□水筒
□洗面道具一式(ブラシ、髪ゴム、毛抜き、髭剃り、爪きり、歯ブラシ、髭トリマー、鼻毛カッター含)
□風呂道具一式(シャンプー、ボディシャンプー)
□薬一式
□整髪料
□部屋着
□金(一ヶ月生活費)
□eチケット
□保険証のコピー
□東京地図ポケット版

宅急便:
■自転車
■ヘッドフォン
■スーツ(2着)
■Yシャツ、ネクタイ(残り全部)
■下着(残り全部)
■私服上着(2パターン)
■私服Tシャツ(色々)
■私服ズボン(2パターン)
■夏靴(スーツ用)
■私服靴(2パターン)
■帽子
■私服装飾品
■部屋着
■アサラト
■フットバッグセット(ジャージ、Tシャツ、短パン、靴下、クァンタム02、タオル、フットバッグ)
■綿棒
■絆創膏
■ご飯冷凍パックx2
■A5ノートx2冊
■サンダル
■インスタント味噌汁
■ヒップバッグ

備付設備:
■シーツ類
■ベッド
■エアコン
■テレビデオ
■ドライヤー
■炊飯ジャー
■洗濯機
■掃除機
■電気ポット
■電子レンジ
■冷蔵庫
■テーブル
■テレビ台
■お玉
■まな板
■ガスコンロ
■キッチン洗剤
■スポンジ
■フライパン
■フライ返し
■ヤカン
■蓋付鍋
■三角コーナー
■食器類
■鍋
■片手鍋
■包丁
■トイレットペーパー
■シャワー
■シャンプー
■タオル
■トイレ洗剤
■トイレ用ゴミ箱
■トイレ用ブラシ
■バスマット
■バス洗剤
■リンス
■石鹸
■洗面コップ
■洗面器
■風呂用スポンジ
■ゴミ箱
■ハンガー
■鏡
■洗剤
■洗濯干し
■物干し竿
■目覚まし時計

現地調達検討:
□ハサミ
□計量カップ
□缶きり
□米(5kg)
□インスタントコーヒー
□食材(納豆、ふりかけ、牛乳)

2008/01/19

ドラゴンクエスト4 DSクリアしました

[ドラゴンクエストIV 導かれし者たち ]

ドラゴンクエスト4DSが発売された当初から「買うと寝る間を惜しんでやりこんでしまいそうで怖い。絶対買わない」と多方面に豪語していた僕ですが、誘惑に負けて昨年末に購入し、毎晩のようにやり込んでいました...が、ついにクリアすることができました。ちゃんと第6章まで完遂。もう15年くらい前になるかと思いますが、DQ4はファミコン版を2回クリアしたことがありました。DS版は完成度も高く、バランスも良くて、楽しんでプレイすることができました。懐かしかったし、楽しかったなぁ。

記念に、最終的な戦歴を記載します。ちなみにエンディグパーティはライアン・勇者・クリフト・ブライ、ハッピーエンドパーティは勇者・ピサロ・アリーナ・クリフトでした。

  • ぼうけんした時間:27時間50分

  • 戦闘回数:1321回

  • たおした匹数:3457匹

  • 全獲得ゴールド:234215G

  • 勝利回数:1276回

  • 全滅回数:4回

  • 逃走回数:28回

  • 一撃最大ダメージ:412P

  • 図鑑完成まで:25匹

  • 称号:博愛戦士



  • エンディングまでの時間:23時間50分

  • 勇者のレベル:39

  • 称号:ロイヤルメタルハンター



  • ハッピーエンドまでの時間:27時間37分

  • 勇者のレベル:46

  • 称号:最後までありがとう!



2008/01/17

長期東京出張が決まりました

Twitter上では既に報告済みですが、実は2月から東京で仕事をすることになりました。
公開できる情報だけですが、以下のような形になります。

  • 期間:2月~5月末(6月より北海道)

  • 住居:後楽園(どこだ)のマンスリーマンション

  • 帰宅:月1回OK


実はかなり前から東京での仕事は希望していて、会いたい人、出たいイベントもいっぱいだし、何よりも日本の最前線である東京の熱気を感じたいと考えていました。地方には地方の仕事のやり方があり、仕事のスピードがあります。自分の今後のために、日本の中央である東京の仕事のやり方、仕事のスピードを1度実感しないといけないという危機感を、20代になってからずっと感じてきました。

もちろん心配もあります。小さな子供3人を妻一人で面倒見てもらわなくてはいけません。妻にとっても、子供にとっても、負担も大きいでしょう。僕自身、月1回帰宅できるとはいえ、すごく寂しい気持ちはあります。しかし、早いうちに東京という土地を知ることは、きっと僕の将来のためになると信じています。

今回は本当に急に沸いてきた話で、作業内容自体はそれほど面白くは無さそうなのですが、この機会に色々な人にであったり、色々なイベントに参加したりしたいと思っています。

4ヶ月という短い期間ですが、関東の皆さん、よろしくお願いいたします!

2008/01/16

今週のベストアーティスト(08/01/06-08/01/13)

このシリーズ久しぶり。

| 1 | 小林大吾 |49 |
| 2 | Ghostface Killer | 24 |
| 3 | Wu-Tang Clan | 22 |
| 4 | The Quantic Soul Orchestra | 12 |
| 5 | Ojos de Brujo | 10 |
| 5 | Me'Shell NdegéOcello | 10 |
| 7 | Wahoo | 9 |
| 8 | Soulphonic Soundsystem | 8 |
| 8 | Mary J. Blige | 8 |
| 10 | D'Angelo | 5 |

先日購入した小林大吾が一位。確かに聞き込みました。2位がGFK、3位がWu-tangと、昨年12月にニューアルバムを出した2アーティストです。今回はGFKとWu-tang(RZA)の仲違いが報道されたりしてますが、僕はRZAもGFKも好きだし、Wu-tangとしての二人も好きなので、和解してもらいたいなぁと思います。8位のMary J. Bligeは今週は結構聞いているので、来週は順位が上がるかも?New AlbumはHiphop Soulの女王ぶりを発揮しまくってますね。

2008/01/11

レビュー:小林大吾:[1/8,000,000][詩人の刻印]

@TOWER.JP - 小林大吾 - 1/8,000,000(やおよろず)
@TOWER.JP - 小林大吾 - 詩人の刻印

Amazonでは取り扱っていないため、TowerRecordsへのリンク。
marushivaさんのUstDJプレイ時にトラックが流れて衝撃を受け、すぐにアーティスト名を教えてもらい、即座にTowerRecordsで1stAlbum、2ndAlbumを注文。本日到着しました。トラックもジャケットも手がける詩人・小林大吾です。
1stの荒く低くうねるトラックとそしてフロウが堪らなく深い。巧みな言葉を時に韻を踏みながら紡いでいきます。2ndは1stよりも滑舌が良くなったためか、押韻が多くなったためか、または録音が良くなったためか、1stの魅力的なバタ臭さが半減してまっているのが残念。しかし自由自在な言葉は健在です。両作とも万人にお奨めします。特にTHA BLUE HARB好きにはハマるかも。

素晴らしいアーティストとの出会いを与えてくれた、marushivaさんに感謝を。

2008/01/10

レビュー推理作家になりたくて〈第1巻〉匠

V.A.:[推理作家になりたくて〈第1巻〉匠]

普段はほとんど推理小説を読まないので、入門的なものを読みたいと思い、図書館から借りてきました。各推理作家の自薦作品と推薦作品がそれぞれ掲載されています。掲載されている作品は以下の通り。

阿刀田高選:「運のいい男」(阿刀田高)
阿刀田高推:「替玉計画」(結城昌治)
佐野洋選:「お試し下さい」(佐野洋)
佐野洋推:「葬式紳士」(結城昌治)
柴田よしき選:「聖夜の憂鬱」(柴田よしき)
柴田よしき推:「版画画廊の殺人」(荒巻義雄)
志水辰夫選:「ダチ」(志水辰夫)
志水辰夫推「入れ札」(菊池寛)
乃南アサ選:「かくし味」(乃南アサ)
乃南アサ推:「夢十夜」(夏目漱石)
宮部みゆき選:「決して見えない」(宮部みゆき)
宮部みゆき推:「双頭の影」(今邑彩)

この中で特に面白かったのは、柴田よしきの「聖夜の憂鬱」、乃南アサの「かくし味」、今邑彩の「双頭の影」です。非常に良くできているなぁと感動しました。この三作家については、他の本も読んでみたいです。

2008/01/08

Twitter Statsを試してみた

年末から話題になっていたTwitter Stats。Webサイトが重くて、全然反応が返ってこない状況だったのですが、サイトの仕組みを変えたらしく、ユーザ名を登録したら、メールで通知が返ってくるようになっていました。さっそくチャレンジ。


Twitter Stats - @smokeymonkey

時刻別投稿数。夕方から夜中にかけてポストが増えてます。さすがに社会人ぽい。

曜日別投稿数。土日は家庭があるので投稿が減るのは分かるのですが、月曜が一番多いというのはマズイかも(笑)

月別投稿数。2007年5月から急激にポストが増えてます。しかも完全に右肩上がり。2007年3月に登録したので、Twitter依存率がどんどん高くなっていますね。1月が多いのは2008年1月分が加算されているからだと思われます。

ユーザ別返信投稿(Reply)数。1位のmokechiは僕のnecoです。2位がフットバッグ師匠のdubstronica氏。3位がtomozo氏。その下位の皆様含め、仲良くして頂いている方ばかりです。本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

これがちょっと自信無いのですが、「Top overall @s」なので、ユーザ別Replyやり取り数かと思われます。1位がalyssumさんで、確かに長いやり取りをよくしていただいているかも。こちらも皆さん仲良くして頂いている方ばかりで恐縮です。


自分のTwitterに対する傾向を知るのはすごく面白いですね。自分自身で面白いと思ったのは、やはり急激にTwitterへの投稿数が増えていることと、Replyのやり取りはそれほど長く続けない(10位以内に入ったのが4回以上なので、大体4回以内しか続けてない)タイプであると分かったことです。

今ならTwitter Statsの応答も速いですので、皆さん一度試されてはいかがでしょうか。

Twitterアイコン祭 @ Xmas, New Year

完全に出遅れたネタ。

2007年のXmasは、Twitter上でクリスマスアイコンが大乱発されました。赤い帽子を被せただけのものから、完全新作やアイデア賞モノなど、本当に良作がたくさん。もちろん僕も参加しました。誰かまとめてくれないかなーと思ったら、faaさんがまとめページを作成してくれました。

Twitter X'mas Icon 2007

そして2008年正月、クリスマスアイコンの流れから絶対ハッピーニューイヤーアイコン祭りも発生するだろうと思い、自分の分もちゃんと用意していたら、予想通り。こちらもfaaさんがまとめページを作成してくれました。

Twitter Newyear Icon 2008

やはり見た目はキャラクターイメージに直結するらしく、アイコンはそのユーザを連想する大事なモノです。デザイナーなども多いTwitterでは、KIMAGUREさんなどの日常的に素敵なアイコンを作成する方も含め、イベントごとに素晴らしいアイデアのアイコンが大量に作成されます。単にノリが良いというだけでなく、なんて世界はクリエイティブに満ち溢れているんだろう、と感嘆せずにいられません。

しがないSEの僕ですが、今後もぜひアイコン祭りに参加していきたいです。

Ustream DJ'zに憧れて

年末年始は大量にアルコールを摂取し、12/31から1/3にかけて実に34本のビールを空けました。約17リットルです。

やはりお酒を呑むとなると夜、特に家族も寝静まった深夜。お酒のつまみに音楽が欲しくなるわけですが、この年末年始はTwitter上のUstream DJが大活躍でした。UstreamDJ部に多くのUstream DJ'zが登録されていますが、dubstronica氏、marushiva氏は特に僕好みで、丑三つ時に一人泥酔したままヘッドバンギングする僕は相当に気持ち悪かったと思います。

そんなUstream DJ'zに憧れて、知識は無いけど音楽は大好きな僕も「いつかはDJとかしてみたい!」と思い、Twitterに「誰か入門編書いてよ」とポストしたところ、dubstronica氏が反応してくれました。

拝むように弾いてくれ: VCM-100を使って始めるDJ入門

なるほど、分かりやすいです。タンテやCDJが欲しくて欲しくてたまらなかったのですが、置き場所もコンパクトで、片付けておけば子供に悪戯もされなそうなので、現実的な選択肢として浮上しました。とりあえず5万貯金すればVCMでもVCIでも手が出そうなので、今年はDJ貯金をしてみようかと画策中です。

追記:lomoさん経由で以下のWebサイトを教えてもらいました。すごく分かりやすく、また物欲をそそられます。ヤバイなぁ。

PC-DJとは

2008/01/06

レビュー:筒井康隆:[銀齢の果て]

筒井康隆:[銀齢の果て]

この前に読んだのが「敵」だったこともあって、往年の筒井氏を思い出させるような快作。「敵」は日常を細かく描写することで、相対的に非日常を浮かび上がらせるような作品だったのですが、「銀齢の果て」はまさに筒井氏らしい、スラップスティックな作品です。
テーマ自体は高年齢社会という重たいものなのですが、ヒット作「バトルロワイヤル」へのオマージュを見せつつ、どたばたな殺戮が続きます。しかし「バトルロワイヤル」と違うのは、参加者が70歳以上という人生経験の豊富な老人達であること。殺害方法であれ、生存のための作戦であれ、そしてその中に潜む元々の日常生活の中の人間関係であれ、一筋縄ではいかないリアルさがあります。「バトルロワイヤル」を読むくらいなら、こっちのほうが絶対に面白い。
筒井氏自身も既に高齢となりましたが、まだまだ挑戦的だなと感じました。今後もご活躍頂きたい作家さんです。

ぎn