2007/12/18

レビュー:ロコ!思うままに

大槻ケンヂ:[ロコ! 思うままに]

大槻ケンヂ氏の小説を読むのは本当に久しぶり。エログロネタも多々あるのですが、「ロコ!思うままに」「モモの愛が綿いっぱい」「天国のロックバス-ロコ!もう一度思うままに」の三篇の出来が良すぎる。10代後半には絶賛お奨めする。
大槻ケンヂ氏は初期の小説でダメ人間の絶望を書いてきてたけれど、この三編はダメ人間の救い、再生が書かれています。「それでも、生きていかざるをえない」から、「思うままに生きてごらんよ」に変わったのは、きっと大槻ケンヂ氏の立ち位置、スタンスが変わったからなのでしょうね。
また、やはりロックネタ、グルーピーネタは秀逸です。特に「天国のロックバス」は素晴らしい!

先日も筋肉少女帯が大復活、そしてベスト盤発売、新曲「人として軸がぶれている」がタイアップでヒットと、大槻ケンヂ氏も再始動した感があります。最近はすっかり聴かなくなってしまったけれど、大槻ケンヂ氏の今後の活躍に期待しています。