2007/11/18

レビュー:2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

最近本当に読書づいてます。図書館で借りたり、同僚が貸してくれたりと、読む本がどんどんたまっていく。きっと幸せなことなのでしょうね。

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

「2ちゃんねるについて」よりも「ひろゆき氏が今何を考えているか?」という視点の本です。佐々木俊尚氏との対談で、佐々木氏が指摘している通り、理想論梅田氏-現実派佐々木氏-悲観派ひろゆき氏、という見方は適切なのでしょう。ただひろゆき氏は悲観的というよりは懐疑的、もっと言えば頭から信じてしまわず、疑うことから入るという姿勢(情報リテラシの基本)をキープし続けているだけなんだろうな、と思いました。

一つの物事に対し、複数の観点から分析するのは大切なことです。梅田本、佐々木本のブレーキとして、面白い本でした。