2007/08/20

RSR2007 Friday Review

7:00出発->9:00到着。この時点では道路も駐車場もまだ空いており、キャンパー列も入り口から100mくらいのところで陣取ることが出来ました。ただしこの後、係員の誘導が酷く、列の右側は全く流れないのに左側はどんどん入場していく状態に。結局入れたのは12:15。係員を呼んで文句言いましたが、酷い目にあいました。スタンディング列からキャンパーが入っていけるのもどうかと思います...テント持ってるんだから止めろよ、係員。
HEAVEN'Sテントサイトは通路脇を陣取ることが出来たので、遅れて入ったにしては良かったと思います。13:00テント設置完了。赤いYAZAWAタオル(\1500)購入。

以下、各アーティストレビュー。
---
・マキシマムザホルモン・・・実は初めて聞いたんですけど、好きなタイプのバンドです。日本でこういう音楽が受け入れられるとは思わなかったですが。EARTHTENTだったので入場規制がかかっており、外からチラ見しただけ。
・Dragon Ash・・・見る予定じゃなかったのですが、通りかかったら演奏していたのでそのまま鑑賞。ベストアルバムのリリースがあるせいか、古いヒット曲がメインだったので、かなり盛り上がってました。去年は新曲ばかりで観客ドン引きだったんですけど、今年は楽しいステージでしたね。
・ハナレグミ・・・これも初めて聞きました。弟推薦だったんですが、なるほど素晴らしい。すごく爽やかな感じですね。最後のほうで「それでは、心のベストテン第1位のこの曲...スチャダラパー!!」とスチャダラが乱入、そのまま「今夜はブギー・バッグ」へ。すごい盛り上がりでした。楽しかったです。
・井上陽水…今年はベテランが頑張っていました。陽水もその一人。「傘が無い」「最後のニュース」「少年時代」「リバーサイド・ホテル」「夢の中へ」「氷の世界」と名曲揃い。さすがです。
・BUCK-TICK…かつて大ファンだった僕としてはすごく楽しめました。RSRにあわせて、ビジュアル・ゴシック時代よりは最近のロックぽいナンバーが多く、有名曲しか知らない人たちにはいまいちだったようですが、前列側は大盛り上がり。最後はもちろん「スピード」で締め。桜井さんのテンションが高かったのが印象的でした。
・KEMURI…今年の解散を控え、ラストRSRのKEMURI。長い感謝の言葉がありました。そのステージはさすがの一言。アンコールの締めはもちろん「あと1年」。
・dj KENTARO…遅れて入ったのですが、スゴイ。本当にスゴイ。ラストに思いっきりスクラッチ技かましてくれました。
・DJ KRUSH…DOOP過ぎて引いているお客さんもいましたけど、僕は楽しかったです。ちょっとしか見ませんでしたけど。
---
INO hidefumiが見れなかったのは残念。ゆっくり呑みながら休みながら参加していました。心地よかったです。2:00に就寝。